レストランを開業する

近年、独立開業が人気です。
レストランを開業したいと思ったら、まずは手始めに何をすれば良いのでしょうか。
まず、レストラン開業にあたり「情報収集」は大切です。
どういった手続きが必要なのか、インターネットで情報を収集しましょう。

レストランは「飲食店」に分類されます。
飲食店を開業する際には、大きく分けて5つのステップが必要です。
まずは情報収集ですが、レストラン経営などのセミナーに参加すると、すぐに人脈を持つことができますし、開業への知識、そして飲食店経営の常識を得ることができます。
セミナーなどに参加するステップは第一段階です。
早めに参加して、知識を増やしましょう。
そして次に資金を集めます。
飲食店を開業するにはそれなりに資金が必要です。
融資を借りるという方法もありますが、自分でお金を貯めていたという方はこのステップは飛ばします。

3つ目に、届け出について把握しておきます。
保健所や役所、税務署に届け出をしなければいけません。
火を扱ったり夜間経営をするのであればもちろん警察にも届け出を出します。
お酒を提供するお店も、警察への届け出が必要です。
これはもう数えきれないほどあるので、1つ1つこなしていくしかありません。
また、書類の準備などには最低でも1か月はかかることを覚えておきましょう。
次に仕入れ先を考えます。
飲食店の仕入れ方法は様々です。
小さな規模であれば、自分で買いだしをするだけで事足りるケースもありますが、お酒は大量に買い付けなければいけないため一筋縄ではいきません。

最後に、すべて把握できたら同時に店舗を決めましょう。
店舗探しは最初にやっていても問題はありませんが、店舗が決まっても他に何もできていなければ意味がありません。
契約をしてしまうと、そこから月々の費用がかかってしまいます。
維持費をかけないためにも、店舗契約は最後です。
ここではもう少し、レストラン開業について詳しくご紹介します。

Copyright © 2014 レストランを開業したい! All Rights Reserved.